Privacy Policy – Japanese

ウェブサイト個人情報保護方針(2020年7月更新)

 

SMAPエナジー株式会社について

SMAP Energy Limited(以下「当社」といいます)は、イングランドおよびウェールズで法人化された法人で、登録住所は9 Quy Court, Colliers Lane, Stow-Cum-Quy, Cambridge, CB25 9AUです。当社は、ユーザーがこのウェブサイトを使用している間、またはこのウェブサイトを介して当社のサービスを利用している間、ユーザーのプライバシーを保護することをお約束します。当社は、登録番号ZA218526として、英国の情報委員会事務所にデータコントローラーとして登録されています。

このウェブサイト個人情報保護方針は、2018年データ保護法、一般データ保護規則(GDPR)およびコミュニケーションにおけるプライバシー規則(PECR)の改正(適用法)に基づいて作成されております。

個人データを収集する理由

当社が個人情報を収集する理由は、ユーザーが本ウェブサイト上の会社に関与しサービスを利用する方法、場所、理由によって異なります。当社が個人情報を収集する場合は、ユーザーのプライバシーを確保するために適用される法律を遵守いたします。

当社は、業務の過程で、または業務上の目的で個人情報を収集することがあります。我々は、このウェブサイト上で提出されたお問い合わせに対応し、求人応募のために提出された個人データを収集いたします。当社は、当社のサービス上またはソーシャルメディアのプラットフォーム上で当社に接続するように依頼することがあります。当社は、ユーザーが同意した場合、当社がユーザーと契約を締結した場合、当社がユーザーと連絡を取る通信や状況から正当な期待がある場合、または法律で義務付けられている場合に、ユーザーのデータを処理することが許可されています。当社は、ユーザーのデータを処理するために、これらの合法的な理由のいずれかを選択することがあります。

本ウェブサイトの利用

当社は、ユーザーからデジタル情報を収集することはなく、ユーザーが本ウェブサイトを閲覧・利用したりする際に、ユーザーのIPやデジタル利用状況を保存することはありません。当社は、本ウェブサイトやサービスの利用者に関する個人情報を収集するために、第三者が本ウェブサイトを使用することを明示的に禁止しています。

クッキー

ユーザーは、お使いのブラウザを設定することで、すべてまたは一部のブラウザのクッキーを拒否したり、ウェブサイトがクッキーを設定したりアクセスしたりした際に警告を表示したりすることができます。クッキーを無効にしたり、拒否したりした場合、当サイトの一部がアクセスできなくなったり、正常に機能しなくなる場合がありますので、ご注意ください。当社が使用するクッキーの詳細については、当社のクッキーポリシーをご覧ください。 ユーザーのプライバシーを保護するために、ユーザーの端末のプライバシー設定で「クッキーの設定」を管理されることをお勧めします。

個人情報の収集方法

当社は、通常の事業活動の過程で個人データを収集します。当社が収集する個人情報の種類には、氏名、電子メール、住所、履歴書、人事情報、および英国の法律で収集が義務付けられている「働く権利情報(Right to Work Information)」が含まれます。英国内で当社に提出された人事情報は、日本のグループ会社の担当者によって処理されることがあります。本ウェブサイトまたは外部ウェブサイト(LinkedInなど)を介して電子的手段で提出された履歴書は、候補者を評価するために必要な期間を超えて、または法的目的のために当社が保持することはありません。当社は、合法的な目的のために必要とされる場合には、6年以上の期間、一部の人事データを保持します。

当社(または当社に代わる第三者)は、ユーザーが当社のウェブサイトを利用する際に、ユーザーの機器、閲覧行動、パターンに関するデータを自動的に収集します。当社は、クッキーやその他の類似技術を使用して、この個人データを収集しています。詳細については、当社のクッキーポリシーをご覧ください。

データの保存期間

入国管理法を遵守するために必要なRight to Workのデータは、必要に応じて申請データから法定期間2年以上保持することが義務付けられています。雇用記録および財務記録は、法定の保持期間に従って保持されます。

データを共有する第三者

当社がデータを共有するのは、当社の業務をサポートするためにサービスサポートプロバイダー(以下に記載)が必要とする場合に限ります。当社は、マーケティング目的で個人データを処理することはなく、この目的のために当社のビジネスサポートプロバイダーと個人データを故意に共有したり、許可したりすることはありません。当社は、当社に代わって個人データを処理、保存、アクセス、または処理する可能性がある当社のビジネスサポートプロバイダのすべてに、当社に代わって個人データを処理する方法を指示するために、処理およびデータプライバシー契約に署名するよう求めています。データがEU域外で処理される場合、当社は、転送されたデータの適切な基準を満たすことを保証するため、ベストプラクティスに従っています。

これらのグループは、随時、このポリシーの下で収集されたデータを保持したり、相互作用したり、アクセスを可能にしたりすることがあります。
ENECHANGE株式会社/ SMAP Energy社 (日本法人)

CKLG会計事務所

Harper James Solicitors

KPMG(またはその他の監査役、投資家等)

Google

国際的なデータ移転

SMAP Energyは英国で登録され、法人化されています。ENECHANGE Limitedの国際子会社で、法人登録番号:0106-01-047805、登録住所:東京都千代田区大手町2-6-2。個人データの一部は、日本の親会社によって転送され、処理されます。日本は、欧州のデータ保護およびプライバシー保護の目的で、EUの個人データに対する強固なプライバシー保護を有しており、EUおよび欧州データ保護機関によって設定された適切性テストを満たしています。 これは、日本に転送された個人データは、欧州連合で処理されたデータと同じ基準とセキュリティによって保護されることを意味します。

ユーザーの権利

特定の状況下では、データ保護法に基づき、以下のように個人データに関連して、ユーザーには権利があります。

ユーザーの個人データへのアクセスリ要請

これにより、ユーザーは、当社がユーザーについて保有する個人データのコピーを受け取り、当社が合法的に処理していることを確認することができます。

当社が保有するユーザーの個人データの訂正要請

これにより、ユーザーは、当社が保有するユーザーに関する不完全または不正確なデータの修正を要請することができます。

ユーザーの個人データの削除要請

これにより、ユーザーは、当社が個人データの処理を継続する正当な理由がない場合に、当社に個人データの削除または削除を要請することができます。また、ユーザーは、ユーザーが処理に異議を唱える権利を適切に行使した場合、当社がユーザーの情報を違法に処理した可能性がある場合、または現地の法律を遵守するためにユーザーの個人データを消去する必要がある場合にも、当社に個人データの削除を求める権利を有しています。ただし、一定の法律上の理由により、ユーザーからの消去要求に応じられない場合があることにご注意ください。

個人情報の処理に対する異議申し立て

ユーザーは、当社が正当な利益(または第三者の利益)に依拠している場合であって、ユーザーの基本的な権利と自由に影響を与えると感じた為その根拠に基づき個人情報の処理に異議を唱えることを希望する場合に、個人データの処理に異議を唱えることができます。ユーザーは、当社がダイレクトマーケティング目的で個人データを処理する場合も、異議を申し立てる権利があります。但し、当社は、お客様の権利と自由よりも優先してお客様の情報を処理するためのやむを得ない正当な理由があることを証明することがあります。

個人データの処理の制限要請

ユーザーは、以下のような場合に個人データの処理を停止するように要請することができます。

– データの正確性を確認したい場合。

– 当社によるデータの使用が違法であるにもかかわらず、データの消去を望まない場合。

– ユーザーが法的主張を立証、行使、または弁護するためにデータを必要としているため、当社がデータを必要としなくなった場合であっても、ユーザーがデータを保持する必要がある場合。

– ユーザーが当社によるユーザーのデータの使用に異議を唱えたが、当社がデータを使用する正当な理由があるかどうかを確認する必要がある場合。

ユーザーの個人データのユーザーまたは第三者への譲渡要請

当社は、ユーザーまたはユーザーが選択した第三者に、構造化された、一般的に使用されている、機械で読み取り可能な形式のユーザーの個人データを提供します。この権利は、あなたが最初に当社が使用するために同意を提供した自動化された情報にのみ適用され、または当社がユーザーとの契約を実行するために情報を使用した場合にのみ適用されることをご確認ください。

同意の撤回

ユーザーは、ユーザーの同意に依拠して個人データの処理が行われている場合は、いつでも同意を撤回することができます。ただし、これはあなたの同意を撤回する前に行われた処理の合法性には影響しません。ユーザーが同意を撤回した場合、私たちはユーザーに特定の製品やサービスを提供することができない場合があります。このような場合は、ユーザーが同意を撤回した時点で当社がご連絡いたします。

ユーザーは、データ保護問題に関する英国の監督機関である情報委員会事務局(ICO)(www.ico.org.uk)に対し、いつでも苦情を申し立てる権利を有しています。しかしながら、お客様がICOにアプローチする前に、お客様の懸念事項に対処する機会をいただきたいと考えておりますので、まずは当社までご連絡をお願いいたします。